郵送検査キットは意味ない?たった2日で結果がわかるSTDチェッカーを体験した口コミと本音

性病を自宅で検査する『郵送検査キット』というものがあるらしいけど、意味があるのでしょうか?

疑問に思ったので、郵送検査キットを体験してみました。

郵送検査キットについて、思ったことをまとめます。

性病の郵送検査キットは各社によって違う

完全匿名のSTDチェッカー

検査キット 金額 検査内容 検査項目
STDチェッカー 15,930円 尿検査
血液検査
うがい検査
クラミジア
淋菌
HIV
梅毒
B型肝炎

STDチェッカーは、完全に匿名で検査できるサービスでした。

検査内容も、尿検査、血液検査、うがい検査の3種類をして、クラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎の検査ができます。

検査項目が多いGME医学検査研究所

検査キット 金額 検査内容 検査項目
GME医学検査研究所 17,280円 尿検査
血液検査
うがい検査
陰茎表皮検査
クラミジア
淋菌
HIV
梅毒
B型肝炎
C型肝炎
カンジダ

GME医学検査研究所は、検査項目が多いサービスでした。

検査内容は、尿検査、血液検査、うがい検査、陰茎表皮検査の4種類で、クラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、カンジダの検査ができます。

性病の郵送検査で歴史が長いさくら検査研究所

検査キット 金額 検査内容 検査項目
さくら検査研究所 13,800円 尿検査
血液検査
うがい検査
クラミジア
淋菌
HIV
梅毒
B型肝炎
C型肝炎
カンジダ

さくら検査研究所は、性病の郵送検査をはじめて17年たつ老舗サービスです。

検査内容は、尿検査、血液検査、うがい検査4種類で、クラミジア、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎の検査ができます。

わたしはSTDチェッカーで検査しました

わたしは完全に匿名で性病の検査ができるSTDチェッカーで検査しました。

検査はとても簡単で、説明書もわかりやすかったです。

検査してすぐに郵便ポストに投函しました。

検査結果が出るまでは、1~3日ということですが、わたしは郵便ポストに投函してから2日後に検査結果がわかりました。

こちらのページに、申込IDとパスワードと採取日を入力すれば、表示されます。

わたしは全部陰性でした。

性病検査をして思ったこと

性病検査はとても簡単でした。

検査をして思ったことを書きます。

・匿名で検査できるのは安心できる
・金額は高いように思ったけど病院の診察料を考えたらそんなこと無かった
・病院に行かなくて済むから良い
・検査だけで相談できないのは残念だった

性病って、他人には知られたくない病気なので、病院に行くのも嫌だし、郵送で誰かにバレないか不安でしたが、STDチェッカーは完全に匿名で名前を書くところはありませんでした。

それはすごく良いと思いましたね。

あと病院だと、予約しなきゃいけないし、仕事を休まなきゃいけないし、そもそも検査結果が当日に判明しないので、2回以上病院に行かなきゃいけないのが、ちょっと…。

でもSTDチェッカーは、自分の都合で検査ができるし、結果は数日後にネットで確認できるので、それもすごく良いと思いました。

ただ唯一、残念だと思ったのは、郵送検査は検査だけで、相談はできないということですね。

なぜ股間がこんなにもかゆいのに、性病検査ではすべて陰性判定なのか、ホッとしたものの、医師に相談できないのは、ちょっと不安が残りました。

だから検査キットだけじゃなくて、アフターケアがあるところや、オンラインで医師が診察してくれるサービスがあれば、良いな。

と思ったのが、今回の郵送検査キットを使って思った本音です。

いずれにしても、誰にもバレずに検査できるのは、良いと思いましたね。

気になる人はSTDチェッカーを試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする